MIG’S 更新日記

HPの更新記録です http://www012.upp.so-net.ne.jp/d-o-com/index.html

ロバート・ボーン氏が亡くなられました

2016.11.13 Sunday 07:51

夕刊に載っていたらしいのですが
いつもはネットで一番早く知らされる訃報が
今回何故か全く記事にはなっていません。
一般紙でも翌朝の記事になっているのに
ネットでは映画関連の情報を集めたサイトでも記事になっていない、なぜ?

 

ロバート・ボーン氏はもちろん「ナポレオン・ソロ」のソロさん。
今AXNで放送されている「華麗なるペテン師たち」(Hustle)。
未放映らしい(あっちこっちでやっているので)シーズンの放映があり
ロバート・ボーン氏も出ていたので健在で活躍中だと勘違いしていました。
デビッド・マッカラム氏はNCISでまだまだ活躍中ですしね。

 

「華麗なるペテン師たち」は
第8シーズンまであって2012年まで制作されたようです。
NHKがよくやるのが最初のシーズンだけ放映して後はほったらかしって
パターンの一つですね。
ま、この作品に関しては途中から
メンバーがころころ入れ替わっているので仕方ないか…


NHKでは放映時間を替えて第4シーズンまではやったんですね。
といってもシーズン本数が少ないので全体でも48話(少な!)
ま、途中からつまらなくなったので僕も見ていませんでしたけどね。
ロバート・ボーン氏はとりあえず全話出ているようです。

他にこちらで見られそうなのは「ロー&オーダー」ですかね。
2016年の映画作品もありますね。
死因は「急性白血病」だそうですが
まだまだ活躍されていたようなのでとても残念です。
ネット検索で見つかる記事には
これで「荒野の七人」に出演した七人が全員亡くなってしまった、とのこと。

 

ご冥福をお祈りします。

 

Robert Vaughn

外国TV映画 | comments(0) | - | pookmark |

9デイズ

2016.11.07 Monday 07:11

偶然やっていたのが終わりの方だったので
そのまま見ていると
見たことのある顔がいっぱい。

「プリズン・ブレイク」のピーター・ストーメア(Peter Stormare)
「SUITS」のガブリエル・マクト(Gabriel Macht)
「スキャンダル」のケリー・ワシントン(Kerry Washington)
「ナンシーはお年頃」のジョン・フィンク(John Fink)
「ALMOST HUMAN / オールモスト・ヒューマン」のマイケル・イーリー(Michael Ealy)
「エージェント・カーター」のシェー・ウィガム(Shea Whigham) …
何故か彼はクレジットされていなかったとか、台詞もあったのにね。

他にもLAW & ORDERや24に出ていた役者さんもいました。
「9デイズ」が2002年作品なのでそれから14年。
確かにその後他の作品の登場しても不思議はないですが
これほどテレビで活躍する人が揃っているのも久しぶりです。

といってもジョン・フィンクはどこに出ていたのか気づきませんでしたし
その作品以降じゃなくてそれ以前の俳優さんですけど。
どちらかと言うと二枚目キャラなので
あまり記憶に残らない俳優さん。
バットマン・フォーエバーやバットマン&ロビンにも出てらしいけど
全然知りませんでした。

それにしてもこういう作品があるのは嬉しい限り。
最近の作品でも将来TVシリーズで活躍する人が
しれっと登場しているのかも。
で、似顔でも描こうかとDVDを探してみましたが見つからず…
残したような気もしてたtんですけどね〜
きちんと整理してないのであるのかないのかわかりません(苦笑)
とりあえず放映の予定もなさそうだし、残念。

とか書いてたら
「サバイバー」とか言う映画に
今度は「エージェント・カーター」のジェームズ・ダーシーが…
ま、この方は僕が知らなかっただけでいろいろな作品に出て見えるようです。
英国俳優なので余り目にすることのない作品が多いのかも。
ちなみにこの作品にはロバート・フォースター、ディラン・マクダーモット、
といったところも出ています。
録画予定ではないタイミングで偶然見てしまったので
まだ映画自体は見ていませんが楽しめるのやら。

映画 | comments(0) | - | pookmark |

スティーヴン・ヒル氏が亡くなられたそうです。

2016.08.28 Sunday 14:09

ニュース記事の紹介は「LAW & ORDER」シフ地方検事。
残念ながら「LAW & ORDER」はほとんど見ていないので
最近の映像を目にしたことはありません。


僕にとっては「スパイ大作戦」のダン・ブリッグスです。
シリーズを見始めたのは途中からなので
残念ながらダン・ブリッグスをオンタイムで見ることはできませんでした。
キャラクターとしてもジム・フェルプスのほうが好きで
後々第1シーズンから見ることができて
その印象の違いに必要なキャスト降板だったのかな、とおぼろげに思っていました。


とはいえ、エピソードは第1シーズンのほうが印象深いエピソードが多い。
当初マーチン・ランドー演じるローリン・ハンドは
変装マスクではなくマーチン・ランドー自身がメイクアップして
二役を演じていました。
それがいつの頃からかマスクになりマーチン・ランドーに似ている役者が
変装対象になっていきました。
そんなわけで第1シーズンはマーチン・ランドーの演技もいろいろと楽しめました。
そしてスティーヴン・ヒル氏のキャラのせいなのか
最初のシーズンではマーチン・ランドーの演技に目に行ったわけです。


第2シーズン以降ジム・フェルプスになると
ピーター・グレイブスが前面に出るようになったので、
その辺りが狙いの降板かと思っていたのですが…

 

当時スティーヴン・ヒル氏は「第1シーズンで嫌な体験をした」と語り
降板理由は明かしていなかったそうです。
番組の脚本家は「彼は、宗教上の理由で金曜日の残業を拒否したり
扱いづらい役者だったことなどが問題視されて解雇された」と語っているとか。
う〜む、彼の降板はシリーズとして成功だったようなんですが…

スティーヴン・ヒル氏はLaw & Orderに2000年まで出演し
その後は引退されていたらしいです。


スパイ大作戦以降の活躍をほとんど知りませんでしたが
シリーズ的に相性が悪いということはあるもので
その後も活躍されていたのはよかったです。

 

ご冥福をお祈りします。

外国TV映画 | comments(0) | - | pookmark |

ジョージ・ケネディ氏

2016.03.02 Wednesday 09:48
また訃報ですね。

ジョージ・ケネディ氏が今年の2月28日亡くなられたそうです。
91歳で老衰ということで天寿を全うされたということでしょうか。
と言いつつ最後の出演作が2014年にあるので
最近まで活躍されていたようです。

今回驚いたのはいつもはネットニュースとかで気づくのですが
朝の「めざましテレビ」でそのニュースを聞いたこと。
申し訳ありませんが、ジョージ・ケネディ氏の知名度って案外あったんだって。

僕は海外ドラマファンなので、ジョージ・ケネディ氏も
たくさんの海外ドラマのゲスト出演で知っています。
逆に映画はそれほど見ていないですね。
めざましで紹介されたのは「人間の証明」「復活の日」と日本映画の出演が
あったからでしょうか。
主演の刑事ドラマもあったのですが多分未放映ですね。
「十字架刑事」とかいうふざけた放題でパイロット版は放映されたようですが
見たような見ていないような…
「鬼警部アイアンサイド」にゲスト出演したエピソードを見た記憶はあります。

ご冥福をお祈りします。

イラストは画像がほとんど見つからなかった「Sarge(十字架刑事)」


映画 | comments(0) | - | pookmark |

FOREVER Dr.モーガンのNY事件簿「壁の中のミイラ」

2016.02.28 Sunday 14:24
面白いのに第一シーズンで終了してしまうのが残念なシリーズです。
そろそろ残り少なくなりましたが今回の第19話でこれまた面白いゲストが登場しました。
最近の構成では現在の事件とリンクしてモーガン先生の過去の記憶が
映像として紹介されます。
モーガン先生の愛した妻アビゲールがいなくなって混乱していた時に
彼を諭した息子のエイブ。
現在ではエイブをジャド・ハーシュが演じていますが
なんとその時のエイブを演じたのがデビッド・クラムホルツ(初めて役者名を調べました)
Numbers天才数学者の事件ファイルの主人公チャーリー・エプスの父親を演じたのが
ジャド・ハーシュでした。
その二人が今回は同一人物を演じたということですね、いや楽しい。
とはいえ、一瞬彼に見えたのですがその後は「あれ?違う?」と思うほど
変貌していましたね。
特殊メイクかとも思いましたが最近の画像を探してみるとまんまですね。
どうしたんでしょうか。

それにしてもなんで終了しちゃったんでしょう。
アンフォゲッタブルのようにどこかで再開しないのかなぁ。

モーガン
外国TV映画 | comments(0) | - | pookmark |

熊倉一雄さんが亡くなられました

2015.10.17 Saturday 18:53
僕らがアニメや海外ドラマにはまっていた頃は
字幕放送なんぞ少なくて
ほとんどが吹き替えで、子供にとっては吹き替えで見るほうが
楽だし、印象に残ったものです。
海外ドラマの俳優はもとより映画俳優にも
たいてい同じ人が声をあてるので
違う人が吹き替えたり、原音を聞いたりすると
イメージが違って戸惑ったものです。

すでに大塚周夫さんや中村秀生さん
家弓家正さん、納谷六朗さん、青野武さんなど
僕らが楽しんだ時代の声優さんたちが亡くなられています。

熊倉一雄さんといえば
今でも再放送されていたりする「名探偵ポワロ」で
最終話でも元気な声が聞けたものです。
元気に頑張られている声優さんでも
若いころのはりのある声ではなくなる方が多い中
いつまでも印象の変わらない方でした。

記憶では「ものしり博士」のケペル先生
「ひょっこりひょうたん島」のトラヒゲ
「宇宙家族ロビンソン」のDr.スミス
「ヒッチコック劇場」のヒッチコック
どれも違和感なくキャラクターを演じてみえました。

本当に僕らの青春がとじられていくのだなぁ
と実感せざるを得ませんね。

ご冥福をお祈りします。
外国TV映画 | comments(0) | - | pookmark |

リゾーリ&アイリス シーズン5

2015.07.18 Saturday 12:37
リゾーリ&アイリスのシーズン5が始まりました。
フロスト刑事を演じる俳優さんの自殺という訃報を聞いたのは大分前です。
本国からのニュースが届いてもその時点で見られたエピソードには
普通に存在していて本当なのかと疑いそうになったほど。
前回のシーズン4では最終話に顔を見せなかっただけ。
新シーズンが始まると聞き、そろそろじゃないの、とか思ってはいましたが。

案の定シーズン5の1話目、エピソードが始まると
フロスト刑事は出張でいない、とか。
やはりエピソード最後には事故で即死と言うニュースが
リゾーリを含む全員に届き終わりでした。

続くシーズン5−2話目では
本編エピソードにフロスト刑事を悼む仲間たちが描かれてエンディングに。
何か予想していた展開とは違いましたが
仲間の死はやはりつらいものですね。

エピソード終了後
こちらで作られた彼の死を悼む映像があり
ひょっとすると突然彼がいなくなったことで
状況が把握できなかった視聴者にも理解できたでしょう。

主役ではなかったのでこちらでのニュースも小さかったし
詳細はやはり伝わってきていません。

あらためてリー・トンプソン・ヤング氏の
ご冥福をお祈りします。
外国TV映画 | comments(0) | - | pookmark |

愛川欽也さんが亡くなられました。

2015.04.17 Friday 15:33
愛川欽也さんが亡くなられました。
突然の訃報です。

訃報が届くと代表作品とともに紹介されますが
愛川さんの場合は「パックインミュージック」「トラック野郎」
「なるほどザワールド」「アド街っく」などがあげられています。
ただ、僕はそれらの番組より一番先に浮かぶのが声優の仕事。
古い作品には二枚目をあてていたりすることがありびっくりします。

僕が記憶しているのはニャンコ先生などのアニメ作品とか。
映画ではジャック・レモンの映像が声と同時に思い出されるほど。
ただ、海外ドラマでは僕がはまる以前には二枚目役が多かったようで
すでにジャック・レモン風のイメージに馴染んでいた僕には
古い作品には多少の違和感が残ります。

ロジャー少佐やホップカークは
キャラクター通りでぴったし。
最近読んだ本ではイリヤクリヤキン役の候補だったとか。
う〜〜む。
今は司会としての知名度の方が浸透していた愛川さん。
ゆっくりお休みください。

合掌
外国TV映画 | comments(0) | - | pookmark |

Mr.スポックが亡くなりました

2015.02.28 Saturday 13:53
さすがに大きなニュースですね。
オバマ米大統領は声明で
「私はスポックが大好きだった」と悼んだそうです。
それほど世界中の記憶に残った作品、キャラクターでした。
83歳だったとか。
それなりの年齢だったとはいえ老衰ではなく
何らかの病気が原因だったようなのが残念です。
最近でも「フリンジ」や
映画版スタートレックでもその姿を見ることが出来ました。
もうTVシリーズの新作はなさそうですが
映画は次の作品ができても不思議はなかったのですが…
残念です。
シリーズではDr.マッコイ、スコッティ、クリスティン・チャペル
がすでに亡くなっています。
そういった訃報が増えてくる時代の作品でした。

ご冥福をお祈りします。
- | comments(0) | - | pookmark |

ジェームス・ガーナーさんが亡くなられたそうです

2014.07.21 Monday 08:57
もちろんたくさんの名作映画に出演されている俳優ですが
僕にとっては「ロックフォードの事件ファイル」「保安官ニコルス」など
吹き替えは羽佐間道夫さん。
86歳で自然死だったそうです。
残念ですが時は過ぎていくので仕方のないことですね。

あの飄々としたキャラクターというのは
CSIなどの今のシリーズでは活かされる場所が思いつきません。
彼のようなキャラクターを演じる俳優さんが思いつかないのは
そういった場所がないから?

年齢を重ねればそれに見合った演技も楽しめたと思いますが
そういう作品作りは今は難しいのですかね。
残念な訃報ですが
ご冥福をお祈りします。
外国TV映画 | comments(0) | - | pookmark |